Amazonアソシエイト
ホーム武蔵野市中央エリア三鷹駅北口のこれから 関係団体による研究会が発足

三鷹駅北口のこれから 関係団体による研究会が発足

令和5年度目途の基本方針策定に向けて、「三鷹駅北口交通環境基本方針の策定に向けた考え方」で示した4つの考え方について、地域の方々と意見交換を行い、意向を取りまとめることを目的とした地域展開を行うと報告があった。

地域の方々の意向を取りまとめるうえでの到達目標は「必要性(ニーズの明確化)」までとし、関係団体による「研究会」と、広く意見を聴く場として「オープンハウス」、「ワークショップ」を開催する。今後は4回の研究会を経て令和5年1月に市への提言という形で意向を取りまとめる予定だ。

三鷹駅北口交通環境基本方針の策定に向けた地域展開について

研究会が提言するのはあくまで理想の姿。それらを実現する手法としては現時点ではまだ定まっていない。とはいえ、三鷹駅北口は交通錯綜なども含めて様々な課題を抱えており、まちづくりと一緒に進めていかなければならない。

資料
02_1_三鷹駅北口交通環境基本方針の策定に向けた地域展開について
02_2_三鷹駅北口交通環境基本方針の策定に向けた考え方

RELATED ARTICLES